職人の声Craftsman

職長 岡本 辰己さん

子どもの頃はとにかく勉強嫌いで、中卒で帯広の職業訓練校に行きました。塗装の道を選んだのは、偶然でした。職業訓練校を卒業してすぐに、大成塗装工業へ入り、気づいたら50年が経っていました。私が若い頃は「仕事は見て覚えろ」といわれた時代。刷毛を使って、ペンキを塗るのは難しいけれど、面白くてね。刷毛に含ませるペンキの量で、まだらになったり、垂れて周りを汚したり。建具なんかを塗ると、腕の良しあしがはっきり出るんです。当時の若い職人はみんな、競うように「早く、きれいに」って思いながら、仕事をしたものです。でも、今は刷毛より簡単なローラーを使うことが多く、自慢の腕の見せ所が少なくなって、物足りないね(笑)。

身体を動かすのが好きだから、今でも現場の仕事は楽しいです。現場によっては、大工仕事も間近で見られて、勉強になることが多い。彼らの仕事を手本に、廃材を使って自宅をセルフビルドで増築しました。休みの日でも手を動かすのが楽しいし、まだまだ、私も進化できるって自信にもなる。目指しているのは、生涯現役。現場で元気に働けるうちに、今まで吸収して磨いてきた技術を、若い人に伝えたいって思っていますね。

職長 松寿 進さん

何も色のない建物の仕上げとして、色を塗る。そんな塗装の面白さ、奥深さに魅せられて、気づけば57年ほどの歳月が過ぎていました。札幌の会社で10年修業した後、故郷の十勝へ戻りました。札幌に居た頃には、塗装技能士が腕を競う全国大会の青年の部で、優勝したこともありました。それを励みに、この歳になるまで日々勉強の精神で腕を磨き続けてきました。

長く職人をやっている中で、材料の進化も目の当たりにしてきました。その変化にもついていかなくてはいけないので、何年経験を重ねても同じことはしていられません。また、機械化できない細かい仕事ですから、ふたつとして同じものができないのも、この仕事の妙味です。長年、塗装の世界に身を置いて得たものは、誰にも負けたくないという心。強い気持ちをもって仕事に臨むことで、職人としての勘や技術が磨かれたように思います。

大成塗装工業は福利厚生が充実していて、心身のリフレッシュができる行事がたくさんあります。オン・オフの切り替えができるので、またみんなで力を合わせて良い仕事をしようという気持ちになれます。塗装職人はやる気と創意工夫で、長く続けられる仕事です。私もできる範囲で、これからも現場に立ち続けたいと思っています。

現場管理 谷田 悦啓さん

社会人になってから住宅設備メーカーや工務店などで働きました。大成塗装工業へ入社したのは5年前です。長く歩いてきた建築畑と比べると、塗装の仕事は材料や道具、工具の種類が多くて、何をどう使うかを覚えるだけでもひと苦労。でも、そこがとても面白いと思いました。

私の仕事は、現場とお客様の橋渡し役。一般住宅の塗り替えやリフォームなどでは、直接お客様の希望をうかがい、お引き渡しまで現場の調整を一貫して行っています。こうした仕事では、これまで関わってきた建築、住宅づくりの経験も生き、より満足度の高い提案をすることができるように感じます。建築や土木を学んだ若い人なら、やる気があれば、経験の有無は関係なくやりがいをもって臨める仕事だと思います。

塗装の現場の少ない冬も、橋梁補修の仕事があり、私も後方支援で機械の調整やメンテナンスをしています。通年で安定して仕事があること、社長が意欲的に働き方改革に取り組んでいることも大成塗装工業の魅力だと思います。その改革の一環で、現場管理も冬季に1ヵ月休暇をもらえることになりました。現場に居るのが何より好きなので、長い休みに何をしたらいいのかが思い浮かびません(笑)。

ナカニシ塗装 代表 中西 勇太さん 

16歳で独り親方だった母の同級生のもとで見習いを始めたのが、塗装職人の始まりでした。親方は一般住宅の外装の塗り直しをする職人で、屋根や外壁を塗る手伝いをしていました。20歳になって、冬も地元で仕事ができると聞いた大成塗装工業に入社。公共の建物の内装工事や橋の補修など、今までやったことがない仕事がたくさんあって、僕のやる気スイッチが入りました。現場ではいろんな職人さんに出会って、たくさんのことを学ぶことができました。職長の岡本さんには一番怒られましたが、いろんな技術を教えてもらいました。だから、初めて現場に指名で連れて行ってもらった時は、本当に嬉しかったです。岡本さんのような先輩に恵まれたことが、僕の仕事人生の大きな宝になりました。

結婚して2年目の27歳で独立。自分が大成塗装工業で学んだことを生かしながら、20代の2人の職人を育てています。もともと不器用だった自分でも、やる気をもって現場に臨めばどんな仕事もできるようになりました。その楽しさを若い彼らに知ってほしいと思っています。独立した今も、古巣の大成塗装工業の現場を時々手伝っています。会社を離れても、自分の夢を応援してくれている。そんな気がして、とても心強いです。

研修生 ハー・ヴァン・ナムさん

2018年4月から、国の研修制度を利用して足場の組み立て、解体などの仮設工事を学ぶために、2人の仲間と一緒にベトナムからやって来ました。故郷は中国との国境に近い北部の山岳地帯です。この町に来て、ベトナムにはない冬の寒さ、夏の暑さに驚きました。でも、設備が整った会社の宿泊施設があるので、普段の暮らしは快適です。自炊できる設備もあります。

会社の人たちはみんな、とても親切。会社の親睦会などの行事に参加したり、地元の夏祭りではベトナム料理の屋台を出して、故郷の食文化を紹介したり、楽しい思い出が増えてきました。音更町はベトナムから研修に来ている仲間が多く、一緒にサッカーをしながら、情報交換をするのも休日の楽しみです。

足場の仕事は慣れるまで大変でしたが、塗装の職人さんなど、ほかの人の仕事のために使うものをつくっていると思うと、やりがいがあります。今年は2人、ベトナムから塗装技術を学ぶ仲間が増えました。研修期間は3年と決められていますけれど、ここはとても居心地がよく、学ぶことが多い職場なので、許されている2年の延長期間もここで仲間と共に働きたいと思っています。

人材募集Recruit

豊かな経験と技術を蓄えた職人は、会社の宝です。そんな職人たちがみんな健康で、イキイキとやりがいを感じながら仕事ができる職場環境を実現する改革に、積極的に取り組んでいます。

詳しく見る

Contactお問い合わせ

Recruit 人材募集